ORIENTAL FOOD ROKUMEI SARYU 鹿鳴茶流 入舩

ご案内

当店では新型コロナ対策適正店認証を取得しております。皆様に安心・安全にお食事をお楽しみ頂けます様、万全な感染予防対策を行い営業させて頂きます。

 

■営業時間のお知らせ
11:30~15:00 (L.O 14:30)
17:00~23:00(L.O 22:30)
(定休日:水曜日)

 

兵庫県より飲食店等に対する感染対策の徹底の要請を受けまして
・同一テーブル4人以内
・短時間(2時間程度以内)
での飲食のご協力をお願い致します。

 

引き続き、テイクアウトメニューも豊富にご用意致しておりますのでどうぞお気軽にご利用下さいませ。
テイクアウトのご予約もお気軽にお電話にてお問合せください。⁡

 


■おすすめコース料理

・冷菜色々盛り合わせ
・本日のサラダ
・鹿肉の蒸しシュウマイ
・鹿肉のメイン ※(A)(B)(C)から選べる
 (A)鹿肉の直火炙り
 (B)鹿肉のたたき風
 (C)鹿肉のステーキ
・揚げ物盛り合わせ
・鹿すじ肉のシチュー
・鹿肉のロースト丼(スープ付)
・本日のアイス


※各コースにプラス¥1650(税込)で飲み放題を付けることができます。
※ 飲み放題はお席のご利用120分、ラストオーダー90分制となります。
※メニューは仕入れ状況により変わります。
※お支払いは現金のみとなりますのでご了承下さい。


ご予約フォームはこちら


メニュー

※税込価格で表示しております
LUNCH タイム

AM11:30~PM3:00(ラストオーダーPM2:30)
定休日/毎週水曜日
■ 鹿カツレツランチ ¥1,100

■ 鹿肉日替りプレート  ¥1,000

■鹿肉入りオムライス  ¥800

■鹿の焼肉丼  ¥750

DINNER タイム

PM5:00~11:30『日.月.火.木』
(ラストオーダーPM11:00)
PM5:00~AM0:00『金.土』
(ラストオーダーPM11:00)

単品メニュー 一例 
鹿ハツ直火炙り
鹿モモ肉の直火炙り
鹿ローストのシーザーサラダ
鹿の串カツ(6本入り)
鹿の土手焼き温泉卵添え
鹿肉ステーキ
鹿タンのバター焼き
鹿ハツのスープ
鹿肉の石焼ビビンバ
鹿のカツレツ
アイスおまかせ盛り
¥858
¥1078
¥880
¥638
¥638
¥1650
¥957
¥638
¥858
¥1650
¥880
ドリンクメニュー 一例
※サッポロ樽生ビール
※ビンタンビール
※タイガービール

※樽生ワイン(赤/白)
※ワインフルボトル

※生酒
※焼酎(麦)(芋)共に
※ハイボール
※カクテル

※ソフトドリンク
※コピ(東南アジアのコーヒー)
¥500
¥600
¥600

¥600
¥3080~

¥600~
¥550
¥550
¥550~

¥385~
¥550
コースメニュー

お気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合わせフォームはこちら


料理長

料理長鹿肉があらゆる料理に使える事を実証し、世界中のお客様に喜んでいただきたい。


様々な料理でお客様に喜んでいただける様、日々心を込めて料理しております。
是非、一度食べにいらして下さい。

鹿鳴茶流 入舩 料理長
足立 征文



ご予約

鹿鳴茶流 入舩のご予約は、ご予約フォームまたはお電話のいずれかの方法にて承ります。

お問い合わせフォームまたはメールでのご予約は、お店からの予約確定のご連絡をもちまして、ご予約成立とさせていただきますこと、予めご了承ください。

電話番号  078-321-0295
11:30~15:00
17:00~23:00
日曜営業 ※水曜定休


ご予約フォームはこちら

お問い合わせフォームはこちら



鹿鳴茶流 入舩の想い

鹿鳴茶流入舩 ROKUMEISARYUIRIFUNE
様々な文化が交錯する 港町神戸 
入舩 ・ 神戸、日本に来られるお客様を
鹿鳴 ・ お出迎えし、歓迎する
茶流 ・ 私共の流儀


美容と健康

{ジビエ}ヨーロッパでは、一定の狩猟期間に捕られ、食される“野生の鳥獣肉”料理の総称をいい、昔は貴族の食べ物として珍重されてきました。野生の鳥獣ですので、その肉はしなやかな筋肉がついており、脂肪は少なく、鉄分、ミネラルの非常に豊富な食材で有ります。



カロリーと栄養

野生鹿(ホンシュウジカ)・牛肉や豚肉と比べて、
カロリーは約3分の1、脂肪分は約80分の1という特性。
通常食される他の肉と異なり、女性が特に不足しがちな鉄分が大変多く、食品の中でもその多さで知られる牡蠣・馬肉よりもさらに多いという特筆すべき食材です。
タンパク質の割合も牛肉・豚肉の約1.5倍です。

鹿鳴茶流入舩は(鹿肉料理)神戸(県)第1023号法律第9条第1項の
規定に基づき承認されております
日本の食文化をかえるパイオニアとして邁進し、そしていつの日にか日常の食卓に上がる事を願います。

兵庫県
hyogo prefecture


Copyright © ROKUMEI SARYU IRIFUNE. All Rights Reserved.